DOS/V組み立て講座事前勉強会

1999.06.02 姫路工業大学 新在家キャンパス 山本(豊)研究室にて

みかしほ学園さんでの組み立て講座のために事前に予習をしました。


 

組み立てる前に、まず部品などをチェック。
  1. 足りない部品はないか?
  2. ケースに歪みはないか?
  3. マザーボードをはじめマニュアル類は揃っているか?
  4. 人はそろっているか?
    → チーム分け
ネジの種類にはいくつかあり、ネジのピッチやサイズが違うのでよーく注意すること。プラスチックのピンは、左のようにケース側から刺し込む。次に、6角柱状の真鍮のスぺーサーと、ピッチの細かいネジでネジ止め。
ケースに、マザーボードをネジで取り付ける。
  •  
  • このケースの場合、マザーボードを取り付けるパネルがはずせるようになっているので、こうしてはずしてとりつけると楽。
  •  
  • ドライバーでねじどめする前に、素手で軽く回るネジを使う。力任せに締めると、ネジがばかになることもある。
  • ドライバーを滑らせて、パターンを切ってしまわないように注意。
マザーボードを取り付けたところ。この状態で・・・
  •  
  • CPUの取り付け
  • CPUクーラーの取り付け
  • メモリーの取り付け

  • メモリーは1枚の場合、いちばんCPUに近いソケットに取り付ける。
  • マニュアルをよく見て、ジャンパの設定等をこのときやっておく。
  • 今回のCPU(セレロンPPGAソケット仕様)の場合はCPU速度の設定は必要ない。
リヤパネルを、ATX仕様に付け替える。

コネクタ穴は全部あけておく。マザーボード取り付け時に若干ずらす必要もあるかもしれないので、ネジは緩く締めておく。

ビデオカード、LANカード用にスロットをあける。

位置を間違えないように。

前面の3.5インチベイ取り付け穴をあける。
  •  
  • ここにFDドライブを取り付ける。
5インチベイも同様にあける。
  •  
  • ここに、上から、スピーカー、HDD,CD−ROMドライブの順に取り付ける。
スピーカーを取り付ける。
  •  
  • 前から入れないと、うまく入らない。
  • スピーカー付属のタッピングビスで取り付け。
  • スピーカー本体はプラスチックなので、ネジ止めは軽く。
HDDリムーバブルケースの取り付け。
  •  
  • 取り付け方向に注意(写真は逆。キー穴が右にくるように)
  • スピーカー同様、タッピングビスで軽くねじどめ。
ドライブを取り付けたところ。
ドライブの取り付けがおわったら、マザーボード&パネルをつける。
スイッチ・LED類の配線
  •  
  • ケースから伸びているケーブルの先端には、このようにラベルがある。これを、マザーボードのマニュアルのピン配置に従って取り付ける。極性があるはずだが、よくわからない。今回はこの文字のあるほうを前面パネルの方向に向けて取り付けたら、うまくいった。
  • SLEEPは今回は対応するコネクタが無いので接続しない。もし、あとでSCSIカードなど増設したときにアクセス確認用としても使えなくはないが・・・
カードの取り付け
  •  
  • ビデオカードはAGPソケットへ
  • LANカードはWakeOnLan(WOL)用コネクタのあるとなりのソケットへ。但し、今回WOL機能は使わない。
その他配線
  •  
  • マザーボードATX電源ソケット − 電源
  • マザーボードプライマリーIDEコネクタ−HDD−CDドライブ

  • 今回は、IDEケーブルが1本しか無いので、HDDをマスター、CDドライブをスレーブにした。(どちらも向上出荷時設定のままでOK)
  • マザーボードFDドライブ用コネクター − FDドライブ

この配線が終われば、できあがり。

電源を入れる。

うまく接続できていれば、最初にビデオカードのBIOSメッセージ。

次に、マザーボードのBIOSメッセージが表示されればOK。

マザーボードのBIOSメッセージが表示されているときに、DELキーを押すと、BIOS設定画面が現れる。

今回はここまで。

動作確認が終わって、後かたづけ。

自己紹介、確認、アドバイス含め、ここまで、約2時間。

みなさん、お疲れさまでした。
約2時間と、思ったより時間がかかってしまいました。でも、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

事前勉強会のあとは、宮崎くん、足立くんはじめ、山本先生、こたつさん、高谷さん、それにTAKIと、6名で中華懇親会へ。宮崎くん、いいキャラクターしてますねぇー。

以上 レポートでした。


LinuxPlazaホームページ


このページは、TAKI が作成しています。
本ページの内容に関してお気づきの点やご意見等がございましたら、以下のメールアドレスへお願いいたします。
E-mail : takimoto@miki-net.or.jp