第2回リーダー会議
日時:1999年8月11日(水) 18:00〜20:00
場所:インフォミーム本社2F
進行:和崎 宏 実行委員


ネットディサミットの参加報告 (和崎)
それぞれのボランティア団体は、独自の活動形態を取っているようだが、 各団体に共通している事柄がある。 各地域「学校現場・ボランティア(地域)・教育委員会」の3者がパートナーとなって、ネットディを推進している。 HSSPでは、姫路市教育委員会との関係が一番の課題である。 私達が行うのは、市教委が正式にインターネットを 導入する際の先導事例 になるべきだと考えている。他地域でスムーズに実績を上げているのは教委関係者主導の ネットディを実施しているところが多く、民間ボランティアが先行したネットディという点では、はりまは全国のモデル となる可能性が高い。


会議アジェンダ (1)各グループのタイムスケジュール案の提出と検討
(2)第二回実行委員会の内容の検討
(3)その他、ネットディのイメージについてすりあわせ


主に今回はHSSPの今後の動き、各グループの個々の動き方を話し合いました。



ネットディまでにしておかなければならないことは何か。
事務局
1.姫路市内3校PC教室インターネット接続<事務局>
20日以降PC教室設置をまって、工事、機器の設置、セットアップを行います。

2.教育委員会へHSSP説明に伺う<事務局、実行委員長>
市教委も現在の態度はHSSPに対し、「黙認」とし、取り扱いに困っているという感じになっている。 接触をせずに黙認はよくない。
ネットディグループ
1.鶴居小学校ネットディ下見の下見会 事前調査
 事務局及び各校の配線スペシャリスト、畑井さん、円尾さん

2.ネットワーク勉強会2回
 <ネットディ当日のボランティアコアメンバーになる人が対象>
 ボランティアコアメンバー養成研修会
 WIN98のインストールから、ケーブル作成、ネットワーク設定まで。

3.ネットディの段取り<ネットディグループ担当>
 更にネットディのイメージを話し合っていく必要あり

<ネットディリレー>
1番目の学校のネットディに全部の学校のボランティアメンバーが集まり、2番目の学校に1番目3番目の学校が、 3番目の学校には2番目と4番目・・・というように一人3回はネットディを経験する、という計算になる。
ネットディの達人が多く養成され、今後各地でネットディを行われるときの貴重な人材に。
システム・コンテンツグループ
1.インターネット接続マップ
 8月末にベースコンテンツUP

 内容
 インターネット接続状況
 HPの有無  
 ボランティア募集の有無 
 西はりまの各学校の情報入手は方法を考案中

2.デジタル校区マップ
 ベースコンテンツ9月末UP。
 静止画だけではなく、マルチメディアで。動画・音を乗せる。

 画像ストリーム技術協力<山本豊研究室>

 各校ソース取材をすでに開始

3.遠隔授業
 コンテンツ10月取材、11月末UP
 参加校の希望による


地域グループ
「子供ミュージアム」による”ネットディツアー”案
 ネットディってなんだろう?
 ネットディはなにをするんだろう?
 インターネットで何が出来るんだろう?
等、スペシャリストによるツアーをネットディ当日に子供向けに開催しては、どうだろうか?

広報グループ
AMKOBE、神戸新聞社等へのプレスPR<帽田さん担当>
2段階ぐらいに分けて。 各社別々に取り上げてくれるとよいのだが。

渉外グループ
1.地域の企業ボランティア発掘
地域企業で働く人で、PCに親しんでいる人がおられるのではないだろうか。
呼んできて、ネットワーク勉強会に参加、ボランティアになってもらおう。

2.地域の企業へドネーション・寄付を募る
ドネーション・寄付について
・ネットディ資金の不足する学校の資金対策
各校共通のネットディ予算は7万円不足が見込まれる学校は「○○小ネットディ実行委員会」等と結成し、PTA、地域、地域企業等にドネーションを頼む、とかの対応を。
・HSSP資金対策実行委員会としてドネーションを募るのは可能。
ネットディ用の機材をHIRが購入・管理し、ネットディ開催の度に貸し出し。
<渉外グループ担当>
グループリーダー
各グループリーダーはグループメンバー募集を各自で開始してください。
事務的な業務が発生した場合は、事務局がフォロー致します。
実行委員拡大
実行委員の更なる拡大に努力を。



第2回実行委員会の内容の検討
8月28日(土)会場現在未定
当日の予定タイムスケジュール
 1.ネットディ勉強会>by Nes−k(1h)
 2.実行委員会(1h)
 3.はりまインターネット研究会(HIR)総会(1h)
 4.焼肉懇親会(場所未定)17:00〜?


ようやくリーダーの方々もHSSPがどういうことを行おうとしている プロジェクトなのか、ご理解頂けるようになってきたようです。各グループの皆さん宜しくお願い致します。
出席者
 稲元真悟さん 北野実さん 米谷尚子さん 米谷啓和さん 村田和仁さん 山本豊さん
 ゼネラルマネージャー和崎宏 事務局 中村真紀子


文責:中村真紀子


HARIMA SUMART SCHOOL PROJECT


TOPへ 第1回へ 第3回へ